妊娠と子宝草について

妊娠と子宝草について

子宝草という名前の植物のことを聞いたことがありますか。

 

 

子宝草は、葉の縁周りにプツプツとした子株がたくさんついて、その子株が地面に落ちると元気に成長する、大変よく増える植物です。

 

 

この子宝草は、しばらく前から、妊娠したい女性の間で大流行しています。

 

 

子宝草を育てていると縁起が良さそうで、赤ちゃんを授かりそうな気がするので、育てていると言う人がたくさんいますし、実際に育て始めたら子宝を授かった人も少なくないようです。

 

 

子宝草(クローンコエ)とは、カランコエの仲間で子宝ベンケイソウとも呼ばれていますが、厳密には子宝草と子宝ベンケイソウは違うものです。

 

 

葉の先端が少し丸いのが子宝草、葉の先端がやや尖ったものが子宝ベンケイソウなので、よく見ると見分けがつきます。

 

 

子宝草は花が咲き、だいたいはオレンジ色ですが、薄い黄色や、オレンジ系の黄緑色の花を咲かせることもあります。

 

 

子宝草は常緑多年草ですが、夏の強い日差しや多湿に弱く、耐寒性も低いので、冬は屋外だと枯れてしまいます。

 

 

乾燥にもあまり強くないので、水やりにも気をつける必要があります。(水の与えすぎもいけません。)

 

 

子宝草を育てるのは、何だか大変そうだと思われるかもしれませんが、実は、ガーデニングは立派な健康法のひとつで、妊娠しやすくなるのも当然のことなのかもしれません。

 

 

植物を育てて、その成長を見守ったり、美しく咲いた花を見ることは、ストレス解消に非常に効果があることがわかっています。

 

 

妊娠を望んでいるのになかなか妊娠できなかったり、長期におよぶ不妊治療をしていると、なにかと精神的に不安定になりがちですよね。

 

 

植物を育てることで、日々の不安感や、いらいら、疲れなどで高ぶっている神経をリラックスさせることができるのです。

 

 

また、植物の育つ力を目の当たりにすることで、命の尊さや大切さにも気がつきます。

 

 

必要なことは体質改善と妊娠力アップですね。 ⇒ アキュモード式不妊症改善